夢ハウスパートナー 工務店 夢光舎

本物の材料で、お客様の「夢」が「光」かがやく「舎」を建てます! ↑ トップページへ戻る

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

実例!地震に耐えた家!

世の中の怖いものの代表を挙げたことわざ(?)として
有名なのが「地震・雷・火事・おやじ」(今はあまり聞きませんが…)

やっぱり地震が一番トップ。

3・11以降、家の耐震について今まで以上に深く考える人も多いはず。

夢光舎でも6つのこだわりの一番は「耐震」です。

夢光舎が取り扱うのは、夢ハウスが特許技術で乾燥した天然無垢構造材。
そして国土交通大臣認可の頑強工法。

実際、あの二度にわたる新潟中越地震にもビクしませんでした。


実例その①「新潟県中越地震」

長岡市濁沢:平成16年9月完成
平成16年10月23日午後5時56分、新潟県中越地方をM6.8の大地震が
発生。

その後も震度6を複数回観測するなど、活発な余震が継続しました。

が、夢ハウスの施主様のお宅は灯油タンクやエアコンの室外機が
倒れはしたのの建物、構造部には全く影響なく、地割れも改良地盤で止まっています。

大震災にもビクともせず!

内部は全く損傷なし

地割れが止まってます

実例その②「新潟県中越沖地震」

刈羽郡刈羽村:平成18年11月完成

平成19年7月16日午前10時13分に新潟県上中越沖を震源とする
M6.8の大地震が発生しました。

こちらも部屋のタンスは倒れていますが、内装の壁紙にはシワ
ひとつ入らず、構造部分や概観には全く影響が見られませんでした。
地割れが地盤改良部分の境目でしっかり止まっているのがよくわかります。

構造に影響なし

内装には問題みられません

境目で地割れがストップ!

この驚異の耐震性能についてはNHKが取材したほど!

では、なぜここまで地震に強い高耐震工法が可能なのか、ご説明しましょう。




ちなみに「地震・雷・火事・おやじ」の「おやじ」って、
親父(父親)のことじゃないって知ってました?

実は「親父」とは「台風」のことなんです。

もともと古来、台風のことを「大山風(おおやまじ)」と
呼んでいたのです。
それがいつしか、収まりよく「おやじ」になったという訳。

だから、本当の意味は「地震・雷・火事・台風」で、全部、天災なんです。

夢光舎は天災に強い家を建てます!
スポンサーサイト

| 6つのこだわり | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://yumekousya.blog.fc2.com/tb.php/42-4743be1d

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。